太陽空調設備株式会社
top会社概要営業内容お問い合わせ
緑主な改正ポイント

      フロン回収破壊法が改正されました 
                   
   ビル空調、食品のショーケースや業務用の冷凍・冷蔵庫、冷凍倉庫などの業務用冷凍空調機器から、
   オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロン類を適切に回収するため、「特定製品に係るフロン類
   の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律の一部を改正する法律(フロン回収・破壊法)」が、
   平成19年10月1日施行されました。

   主な改正ポイント
    ・ 行程管理制度(マニフェスト)の導入
    ・ 建物解体時の対象機器の有無の確認
    ・ 整備時のフロン回収の義務付け
    ・ リサイクル時のフロン回収の義務付け
           改正内容詳細 環境省のページへのリンク


   業務用冷凍・冷蔵空調機器の所有者は、機器廃棄の際には都道府県知事の登録を受けた
   フロン回収業者にフロン類を引き渡し、それを書面(マニフェスト)に残す事が義務付けられました。
   これを怠り機器からフロン類をみだりに放出すると、所有者
             1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。

  私たちはオゾン層破壊・地球温暖化といった環境問題を真剣に受け止め、これからもフロン回収の
  徹底・確実な最終処理を行うと共に、今後も地球環境問題に積極的な取り組みを行ってまいります。


   
   第1種フロン類回収業者登録       埼玉県知事 第12390002号 
                            東京都知事 第13102707号


  
        行程管理票(マニフェスト)・フロン類回収について等、お気軽にお問合せください。

                                                     このページのTOPへ  
                               BACK

エンドタイトル